税務調査の対応と現況調査

12月 7th, 2009

税務調査の対応をしていく中で最もドキッとすること。
それは、現況調査ではないでしょうか。

ある日突然何の前触れもなくやってくる税務調査官。
普段から正しい税務処理を行っていたとしても、どきりとしますよね。

このときのただし対応方法はというと、顧問税理士がいるのであれば、速やかに電話でいいので連絡を取ることです。
そして指示を仰ぎます。

大抵の場合は、税理士がすぐに伺いに行くので、それまでは双方「ステイ」の指示を出してくるでしょう。
もちろん税務調査官の方にもそのように言うでしょうね。
「私が今からすぐに伺いますので、そのままお待ちください」と。

それでも、何かと理由をつけては、事業者に「税理士さんが車で帳簿を見せてもらっていてもいいでしょうか」などと言ってくるでしょうが、待っていてもらった方が賢明です。
雑談も、彼らは本当に雑談を楽しんでいるのではなく、あなたの口から何か「ボロ」が出ないかと探っていることが多いので、距離をとっておいた方が賢明かもしれませんね。

もしも、社長であったり店長であったりが不在の場合に税務調査が入った場合、その旨を伝えて日程を替えてもらえるようにその倍にいる人間の中での最高責任者が対応すべきです。

かといって、手ぶらで帰るような税務署の人間ではありませんので、質問に最高責任者が知りえる範囲内で答えるといった対応をしてください。

このとき最も注意すべき点は、間違っても、憶測で答えてはいけないということです。

Comments are closed.