対応は最初が要

1月 15th, 2010

税務調査の対応として、中小企業であれば、税務調査が入った事業所における最高責任者が対応に出ることが好ましいようです。

確かに、最高責任者=事業所の税務処理をすべて把握している
とは限りません。
ですから、税務調査の対応には、経理担当者も出る必要があるのですが、まず最初に税務調査に来た税務署の人間とのやり取りからいきなり
「私は税務処理に関してはノータッチなんだ」などといって、対応しないのは、税務調査に訪れた人間に対してもよい印象は与えませんし、適切な税務処理や管理が行われていないケースが考えられると判断される可能性もあります。

確かに事業所における最高責任者は、経理に関する処理は専門分野ではないかもしれません。
しかし、税務調査に訪れた人たちとの挨拶を交わしたり、といった対応からすでに税務調査は始まっているということをよく知っておく必要がありますよ。

そう、税務調査の対応で、事業所の最高責任者の対応こそがその後の税務調査の流れに大きく関係してくるといっても過言ではない。

玄関が家の顔なら、税務調査で事業所の最高責任者の対応が、その企業の顔になってくるのです。

この最初のたわいもないように見える挨拶や世間話の中からも、税務調査員は様々な情報を得るといわれています。
くれぐれも用心して対応してくださいね。

もうすぐ確定申告の時期がやってきます。

個人事業者の確定申告は税務調査員からチェックされています。
正しく税務処理をされているか否か。
正しい処理を行い、確実な申告をしましょう。

Comments are closed.