税理士が対応してくれるメリット

7月 15th, 2010

税務調査・・・それは、何度経験しても、出来ることなら「もう二度と対応したくない」と思うものです。
悪いことしているわけでもないのに、冷汗ダラダラで対応するもの。

だからこそ、税理士に立ち会ってもらい、安心を得たいものなのです。
なぜなら、税理士とは税務調査官と対等に渡り合えるだけの知識と経験を持っているから。
経理担当者が税務調査を幾度となく経験してきても、その場数は税理士の足元にも及ばないものです。

税務調査が任意で入ると連絡があってからでも遅くはありません。
知人・友人などから信頼できる税理士を紹介してもらうことをお勧めします。

個人事業主の方などは特に、自身で申告納税をされている方が多いと思いますが、税務調査の時、税理士がいないとどうしても、税務調査官の言われるがままになってしまいがちです。
そのような対応では、どうしても税務調査官の思うつぼになりがち。

税務調査官だって、一般で言うところの営業マンと一緒です。
成績が上がらなければ、上司からこってり絞られます。
そこで、税に関して全くと言っていいほど無知なところは、適切な対応が出来ないので、向こうの思うつぼで税務調査が進んでいってしまう傾向にあるのです。

税務署サイドも当然ですが、法にのっとった突っ込みをしてきますが、税理士がいたら、うまく対応できたのに、修正申告の額がもっと少なくできただろうに・・・

ということは良くあるようです。

不況の今、なかなかそこまでお金を回す余裕がないと言う人は少なくはないでしょうが、安心と、就セ申告の額を必要最低限に抑えるための投資と思って、利用してみませんか?

Comments are closed.