整理整頓も対応の一つ

8月 24th, 2010

税務調査の対応は、誰だって苦手なものですね。
特に個人事業主のところに来る税務調査は、事業主だけではなく、その家族にも質問が及ぶそうです。

個人事業主の仕事は、家族ぐるみで手伝っていることが多いということを想像すると、合点が行きますよね。

御主人の仕事を奥さんが帳簿つけなどをしてサポートしている・・・
こういったパターンが多いのではないでしょうか。

そういった場合、税務調査官の質問は、奥さんにも及ぶことになるって言うわけですね。

個人事業主であっても税務調査の対象になります。
事業の規模や、調査規模によって税務調査官の人数は変わってくるそうなので、おそらくは、個人事業主のところには、税務調査官が一人で来ることが多いのかなって思います。

複数人で税務調査に入られると、ビビってしまいますが、一人なら、それほどびくびくしないで税務調査の対応が出来るのではないでしょうか?

あと、個人事業主で気をつけなくてはいけないのが、帳簿をためて記入すること。
いくら事前連絡があっても、記帳を為すぎていては、間に合いませんし、他の必要書類の準備もままなりません。

夏休みの宿題同様、後回しにしていては、後で大変な思いをしますよ。
ましてや、記帳を手伝ってくれる、お父さん・お母さんはいないのですから。

また、金庫や事務作業をする机の周辺も日ごろから整理しておくことも大切なことです。
小さなメモ書き一つも税務調査官はcheckを入れるものですから。

小さな積み重ねが最も大切な税務調査の対応かもしれませんね。

Comments are closed.